寒中見舞いの時期はいつまで?喪中はがきとしても使えるの?

新年を迎えると、寒さもどんどん厳しくなってきます。寒さが厳しくなると、親戚のおじさん、おばさん体調大丈夫かな?と気になってしまいます。そんな『寒の入り頃』出すはがきを寒中見舞と言います。

でも、いざ寒中見舞いを送ろうと思った時、『送る時期はいつからいつまでなのか?』と無知な私は不安になり、とても困ってしまいました。

という事で、寒中見舞いについて学ぶべく、送る時期についてなどをアレコレ調べてみました。

 寒中見舞いの時期はいつまで?喪中はがきとしても使えるの?

 

Sponsored Links

 

寒中見舞の時期

寒中見舞い1

 

寒中見舞いは、1年で最も寒いとされる時期に送る季節の便りです。では寒中見舞いの出す時期に決まりはあるのでしょうか?

 

寒中見舞いを出す時期はいつからいつまで

寒の入り(1月5日)頃から、立春の前(2月4日)頃までに出す事とされています。

この時期の2月4日頃を過ぎ、寒さの続く間に出すはがきは「余寒見舞い」となります。(※一般的に2月いっぱいまで)

 

1月7日までに出すはがきは『年賀状』ですよね。しかし、年末年始お家を留守にしていて、届いていた年賀状のお返しに困ることはありませんか?

年賀状は1月7日(松の内)までに届くように出すものなので、その時期を過ぎる場合であれば寒中見舞いを利用するといいです。年賀状を出すのが遅くなってしまって、松の内までに届きそうにない場合にも使うことができます。

 

出す時期はこれで安心です。あとね、寒中見舞いってどんなはがきを使うかご存じですか?しっかり知るべく合わせてチェックしておきたいと思います。

寒中見舞いのはがきは何を使う?

寒中見舞いはがき

「私製はがき」「官製はがき」を寒中見舞いのはがきとして使う事ができます。私製はがきでは、冬の季節に合うデザインを選びましょう♪その印刷した文面に手書きで一筆添えます。

気を付けたいのは、年賀はがきを使わない事!!!
年賀状とは意味の違う挨拶状になります。受け取る方によっては良いイメージを持たない方もおられますので注意しましょう。また切手は慶弔用のものは避けます。

 

Sponsored Links

 

寒中見舞いは、年賀状を1月7日以降に送る場合は使用してもいいのですが、喪中はがきとしても使う事ができるのでしょうか?合わせて調べてみました。

 

喪中はがきとして出せる?

喪中はがきは、身内に1年以内に不幸があったことを、今まで年賀状を出している相手にお知らせするはがきです。「喪中につき年末年始のご挨拶をご遠慮申し上げます」という文面ですよね。

つまり「おめでとうと言える気持ちではないので年賀状をお送りしませんがごめんなさい。」と伝える事ですから、季節のお便りである寒中見舞いとは意味合いが違っています。

 

ですが、一般的に喪中はがきは、年賀状を書き始める12月上旬までに届くように準備するものです。その期間を過ぎて身内に不幸があった場合・喪中はがきを出すのが間に合わなかった時には、年が明けてから寒中見舞いでお知らせすることもできます。

 

その際に気を付ける事

  • 官製はがきでは、切手の模様が胡蝶蘭のはがきを利用する
  • 私製はがきではカジュアルなデザインは避け、弔辞用の切手を貼ります。

 

喪中と言えば、年賀状のお返しもどうすればいいか気になりますよね。そんな記事も書いています。
喪中に年賀状のお返しは?子供の場合もチェック!

 

まとめ

喪中のご挨拶で何度が家に寒中見舞いが届いた事があります。寒中見舞は、元々の意味は言葉の通り「寒さのお見舞い」だった事を学ぶ事ができました。寒さが厳しくなる季節のお見舞いとして、これからは親戚の方や、お世話になっている方にどんどん活用していきたいと思います。


Sponsored Links

 - 生活・暮らし

  関連記事