窓の結露対策!グッズを使ってスッキリ解決

秋も終わりを迎える頃から、気温も低くなり、家の中と外での温度差激しくなると結露が気になりだします。

朝起きて、カーテンをあけたら、窓やサッシがボトボトに濡れていて、曇っている。そんなことがありませんか?家の結露、それはひどいものです。

そんな結露、放っておくと、その水が窓をつたって、サッシにたまりカビやダニが発生します。しまいには床にしみて痛んでしまうこともあるそう…。また、部屋の中もジメジメして、なんだかカビ臭いということになりかねません。

窓の結露対策

そうならないように、また改善していけるように、今回は結露の原因と、立ち向かう心強いグッズたちをご紹介します。一緒に対策をしていきましょうね!

 

Sponsored Links

 

結露の原因

窓の結露対策

そもそも結露は、「温度差」と「湿度」の関係によっておきます。冬場は暖房を使う事が多く、窓の内側の気温が高くなり、外との温度差がでてきます。その暖かい空気が窓側で冷やされて、空気中の水分ができて窓に水滴として現れます。

バスや電車や車の中で、窓が曇ったりしますよね。それも結露なのだそうです。この水滴はもともと空気中の水蒸気で、気温が下がると、空気中にいられなくなり、水滴となり姿を現します。湿度が高く、部屋の温度も高いと、寒い日なんかは結露が発生します。つまり、この窓際の温度差をなくすことが対策の重要なポイントです。

 カビの原因にも

結露が発生すると、カビの原因にもなります。ガビが発生しやすいのは、温度が25℃前後で湿度が高い状況です。そう思うと、冬はもともとカビが発生しにくい気候なのです。しかし、暖房器具の発達により、室温は高く設定できるようになりました。

そして、外と内の温度差が原因で結露が発生し、サッシに水滴が落ちていきます。そのままにしておくと、それがカビの最高のすみかになるのですって。怖いですよね。

そしてなんと!布団の内部で結露が起きていることもあるそうです。ほっておくとカビ臭くなってしまったり、寝ている時にそのカビを吸ってしまったりして体によくありません。体調が悪くなったり、家の中がカビ臭くなったり、じめじめっとして気持ち悪くなる前に、対策をしっかりして、スッキリした家を目指しましょう!

 

窓の結露対策

窓の結露対策

窓の結露の対策として、グッズを使わない場合で大切なのは「換気」と「室温の調節」です。ただ、寒い冬の夜に窓を開けて寝るというのは難しい話です。ですので、窓の外と内の温度差と湿度の高さをなくすのが一番の対策と言えるでしょう。

完全に防止することはできませんが、効果はあると思います。手軽に購入できるものもありますので、気になる物は是非使ってみてください。

 百均グッズ

結露シートというものが、百均で販売されています。透明なものから模様のあるものまで種類がいろいろありますので、好きな模様のものを選んでみてはいかがでしょうか。窓にそのシートを貼るとそのシートが水分を吸ってくれるという物です。家も毎年使用しています。

効果はまぁまぁかな?でも柄も雪柄だったり可愛いので、ちょっとした気分転換ができるのも、とても嬉しいことです。ぜひお気に入りの一枚を選んで使ってみてください。

それともう一つ、100均で手に入るお手軽対策グッズは、結露用や窓用ワイパーです。車のワイパーと少し似ています。すーっと水滴が落としていくのが、楽しくて癖になってしまいます。(笑)貯まった水を見ると、その量に驚くと思います。ぜひぜひお試しください。

  • 結露吸収シート
  • 結露(窓)用ワイパー

 

Sponsored Links

 

身近なグッズで結露対策!?

家の中にあるもので、結露対策用に使用できるものがあります!それは、こんな時にも使える「新聞紙」です。明日は急に気温が下がるのに、何もない!という時にもってこいのアイテムです。

新聞紙を窓のサッシの部分において置くと、垂れてきた水滴を吸い取ってくれます。新聞紙だと隙間にも入りやすいです。結露が気になっていて、手っ取り早く対策したい方は、新聞紙で一度実践して見てくださいね。

 

結露対策おすすめグッズ

冬の結露、ボトボト、カビカビになるのは嫌ですよね!色々対策用のグッズが出ていますので、おすすめグッズを数点ご紹介してみたいと思います。結露対策の他にも寒さ対策にもなったりして、省エネにもつながっていい事だらけだったりするんですよ♪

水で貼れる結露防止シート

 

気泡の入ったプチプチシート。間違えて押しつぶしてしまいそうですね・・・。これを窓に貼ると、断熱シートになり、窓の内と外の温度差をなくして結露を防いでくれます。熱を外に逃がさないので、部屋の中は暖かく、それでいて結露の対策にもなる!冬には重宝するグッズです。

 

強力結露給水テープ

こちらは、窓全体貼るのではなく、窓の枠付近に貼るタイプのテープです。これなら、全面に貼ることがないので、手間がかからず、手軽に貼ったりつけたりできそうですね!

シンプルなので、外から見た時に目立つことがないのが嬉しいところです。ただ、一度水を吸ったテープはずっと使えるわけではなさそうなので、消耗品として考えた方がいいかもしれません。結露が心配な冬には貼っておくと良さそうですね。

 

コンパクト除湿機 カラッと爽快 LNSTUDIO

 

結露の原因は「湿度」にもあります。そんな時、除湿機を使いましょう。除湿によってじとじとした空気もスッキリします。こちらのグッズは、小さめの除湿機なので、クローゼットの中に置くことも可能ですね。カビを防ぐのにも使えますし、窓際に置いておくのもいいでしょう。場所を取らないし、価格も手ごろなのが嬉しいグッズです。

 

結露を一週間防止できる洗剤!?

なんと、洗剤が結露対策に使えるという情報があります!その洗剤とは、お家にある中性の食器用洗剤です。対策方法はとても簡単で、水と洗剤を混ぜた液体にタオルを濡らし、しぼって窓を拭くと一週間ほど効果があるそうです。

自分で作ってみるのもいいですが、手っ取り早い結露防止スプレーという専用ものも販売してあるので、そちらを使用してもいいですね。ただこの方法は、完全に結露を防止できるわけではないので、サッシのところにタオルを置いたり、それこそ新聞紙を置いたり、他のグッズと合わせたりしてみるのもいいかもしれませんね。

 

まとめ

窓の結露対策

寒くなると、どうしても発生してしまう結露。気温差の大きい夜から朝に、毎日窓をこまめに拭いたりすればいいのでしょうが、実際面倒でなかなかできません。かといって、二重窓にするのもお金がかかるし…。やっぱり手ごろな価格での便利なグッズを活用したいですよね♪

結露した水滴を放っておくと、カビやダニの発生により体調が悪くなったり、部屋の中がカビ臭くなったりします。これはどうにか避けたいものです。

対策グッズは沢山あります。それぞれの効果を見極めて、ご家庭ごとの結露にどう組み合わせるかがカギを握っているかもしれません。ご紹介したグッズたちと共に、厄介な結露に立ち向かっていきましょう!

お風呂の赤カビ掃除方法!どの洗剤が効果的?

ジメジメと言えば、お風呂のカビも気になりませんか?お風呂のジメジメカビのお掃除方法の記事も書いていますので、一緒にチェックしておいて下さいね♪


Sponsored Links

 - お役立ち情報

  関連記事&Sponsored Links