ゴールデンウィーク2019年(GW)!いつからいつまで?

2019年の(GW)ゴールデンウィークの連休はいつからいつまで?

ワクワク!心待ちにしている長期連休ゴールデンウィーク♪略してGW!昨年2018年のゴールデンウィークは、2日間平日を挟みながらもゆっくりとした連休を満喫する事ができました。

では、2019年の今年は、土日と絡んで連休が長くなってくれるのでしょうかそのままの連休になるのか?すごく気になりますよね♪(笑)

休み

心待ちにしている事はいち早く知りたいのが人間のさが(私だけ?(笑))だと思いますので、ゴールデンウィーク2019の連休は何日位になりそうなのか?いつからいつまでなのか?チェックして頂きたいと思います♪

長期休暇が見込めるGWは旅行に行くぞ!と考えておられている方も多いはず。一緒に空の便も事前にチェックし早目に予約しておきましょう。早期予約はチケット代が割引になるなど、お得な事も多いので、何事も早目早目の行動がおすすめだと思います♪

 

Sponsored Links

 

ゴールデンウィーク2019(GW)

2019ゴールデンウィークカレンダー

ゴールデンウィーク2019(G.W)の連休カレンダーを作ってみました♪27~29日と3連休の後、平日3日間を挟んでいつも通りのGWとなりそうです。

という事で♪

ゴールデンウィーク2019(GW)の連休は一般的に

  • 5月3日~5月6日の4連休となりそうです。

また27日の土曜日から昭和の日の3連休♪その後3日間頑張って出社すれば3日からは楽しい4連休のゴールデンウィーク(GW)が待っています♪

しかし、5月1日が国民の祝日か休日に変更される可能性が高くなりました!すると、BIGなご褒美が期待できるかもしれません。
■Check■

19年4月30日に現在の天皇陛下が退位され、5月1日の新天皇陛下即位に伴い、5月1日が祝日休日になる方向になっているようです。

祝日法には、祝日と祝日の間の日は休日となると定められています。ですから5月1日が祝日となった場合は10連休がなにもせずに見込めてしまいます。

 

でもね、過度な期待は禁物です。(ショックが大きいから(笑))。

ですから、5月1日が休日となってしまった場合での長期休暇取得方法もチェックしておきましょう♪なんと、有給休暇を1日か2日間消化すると長期連休を取得できそうです。

有給休暇を1日間(5月2日)消化した場合

  • 5月1日~5月6日の6連休となります!

昭和の日の29日(月)から、ゴールデンウィークまでに平日が(火・木)と2日間、という事は!その2日間間を有休給消化すれば!!

有給休暇を2日間(4月30日・5月2日)消化した場合

  • 4月27日~5月6日の10連休となります!

10日間!!長期連休素敵すぎます。10日間あれば、ゆっくりとした旅行も計画できるし、最高のステータスがのぞめそう!でも、こんなに休んでしまうと、次の出勤が嫌になってしまいそうで心配ですが…。(笑)しかし、こんな大型連休は中々取得できないし魅力的ですよね♪

大手企業の場合では、祝日前の土日からがゴールデンウィークの連休となる所があるようですから、普通に10連休が見込める場合もありそうです!年に数度のお休みゆっくりさせてもらってもバチはあたらないでしょう。(*^-^*)

 

どうか、有休休暇を取得せずともゴールデンウィーク2019は10連休が見込めますように…♪

 

ゴールデンウィークでは、車や飛行機で活躍する時です!もし、お出かけに車や飛行機を利用する予定なら、早めにチェックしておくと絶対に損はなしです♪
まず、車なら、ETC割引制度をチェックしておきましょう。また飛行機でのお出かけなら、いち早くチェックして早割チケットをゲットして下さい♪飛行機の早割がどれだけお得なのかは、次の章でご紹介してみたいと思います。

 

Sponsored Links

 

ETCと飛行機の割引

笑顔

photo credit: happy via photopin (license)

俗に呼ばれている早割の割安さは見逃せません!見逃してはいけません!飛行機に乗ってのお出かけを考えるなら早くに予約しておきましょう。チケットを安く買っておいしいご飯を食べましょう♪また、車でお出かけの方は、ETC割引たるものがあります♪

それぞれの割引制度を簡単にご紹介してみたいと思います♪折角乗るなら是非割安感をゲットして得して下さい。

ETC割引

車

現在、ETCを利用している車が一般的になりつつあるでしょう。高速道路をよく利用する場合では、ETCを設置しないと損になるでしょう。

そんなETCには、平日朝夕割引と深夜割引、休日割引があります。ゴールデンウィークは30%割引の休日割りを使用する事ができますよ♪地方部のみとなりますが遠出するなら絶対お得です。また地方部に行く出発日が平日であっても、土日をまたげば割引対象になります☆

休日割引とは?

普通車や軽自動車のみ、土日の祝日と毎年1月2.3日の地方部の高速道路が30%割引になる制度です。
(※東京大阪近郊の区間は割引対象外です。例外もあり。詳しくはドラぷらを参照してお得にお出かけをして下さいね♪)

次は飛行機の早割についてのご紹介です♪

飛行機の早割

紙飛行機

知り合いが、飛行機の早割をいつも利用していて、4分の1程の値段で飛行機に乗っていると聞いてびっくりしてからがはじまり!早速調べてみると、早ければ早い程料金が安くなるので、早期予約はとてもおすすめです。(^^)/なんと!早い方は1年前位から予約するそうですよ♪

欠点は、安い代わりに予約変更不可・キャンセル料は最大で50%程必要になることです。またGWは祝日になりますので、少し料金が高くなりそうですが、お得感はありですよ♪

 

では次の表で、料金を比較してみて下さい。
5月中旬に8月1日の、大阪(関西空港)→東京(羽田)片道運賃を比較してみました。※通常運賃は6月1日出発の料金です。

JAL先得では

  • 通常普通運賃 (割引なし)     → 25,490円 ~
  • ウルトラ先得 (75日前までの予約)→   8,290円 ~ 11,990円
  • スーパー先得 (55日前   〃 )→   8,490円 ~ 12,090円
  • 先得割引タイプ(48日~28日前〃 )→     8,790円 ~ 13,890円

ANA旅割では

  • 通常普通運賃(割引なし)   → 25,490円 ~
  • 旅割75(75日前までの予約) →   8,290円 ~ 11,890円
  • 旅割55(55日前   〃 ) →   8,490円 ~ 12,090円
  • 旅割45(45日前     〃 ) →   8,990円 ~ 12,590円
  • 旅割28(28日前     〃 ) →     9,490円 ~ 13,090円
  • 特割  (45日前     〃 ) →   11,990円 ~ 15,590円

どうでしょうか?めっちゃ安くなるでしょ?格安航空会社LCCやピーチは早割そのものは存在しませんが、こちらでも早目に買うと安く購入する事ができます^^

まとめ

元来ゴールデンウィーク(GW)の期間とは、5月3日~5月5日なのだとか。しかし4月29日(昭和の日)も祝日の為、そこから長期連休にしやすい事から4月29日~5月5日をGWと呼ぶのが一般的となりつつあるようです(*^-^*)。

最後にゴールデンウィーク名前の由来が面白いのでご紹介させて頂きますね♪

ゴールデンウィークの名前はどこから?

『ゴールデンウィーク』って言葉は、映画会社の大映と松竹が、同じ時期に映画を上映し競いあった事で、最高の売り上げを記録し、それがお盆やお正月の映画よりも売り上げが高かった事から、映画界の活性化の為に作成されたのが

ゴールデンタイムをなぞってできた
『ゴールデンウィーク』という和製英語で、当時の宣伝用語が由来になったそうですよ!

 

毎年GWには、どこに出ても人、人!で混雑が予想されますので、行きたい所がもういっぱいだった~。なんて事にならないように早目にチェックしてお得&行きたい所にいける事が一番嬉しいですよね^^大切な連休!がんがん満喫して下さい♪

お盆休み2018の期間!いつからいつまで!?
お盆の銀行営業日2018!主要ATM手数料一覧もチェック!2

ゴールデンウィークの次はお盆休みです♪事前にチェックして予定を立てて下さい。またお盆は何かと入り用!そんな時の為に、お盆の銀行事情の記事も書いています。宜しければ合わせてご覧くださいね^^。


Sponsored Links

 - 祝日・休日

  関連記事&Sponsored Links