入学祝いお返しの必要性と相場!手紙だけでもいいの?

お子様の小学校ご入学おめでとうございます。この前まで保育園や幼稚園に通っていたのに、もう小学生になるなんて…。月日が過ぎるのは本当に早いものです。

親御さんにとっては、嬉しい半面、何かとバタバタする季節でもあります。お子様の入学にあたり、「入学祝い」を頂く事でしょう。さて、その場合、お返しは必要なのか?迷われていませんか?

入学式のお返しのし3

実は私、入学祝いを頂いた際、お返し(内祝い)に凄く悩みました。何故なら、子供に貰うものだからお返しは必要ないよ。という方と、「家は入学内祝いをしたよ。」と言う方の意見が真二つに分かれてしまったからなのです。

 

とにかく困り、悩みました。「一体どうしたらいいの?」

という事で、悩んだ私は、入学祝いのお返しについて徹底的に調べてみまたしたので、同じように悩まれている方にシェアしたいと思います。是非参考にしてみて下さい。

 

Sponsored Links

 

入学祝いとお返し

入学祝いをもらうと、「入学内祝い」としてお返しをします。昔、内祝いとは、祝い事を分かち合う為の贈り物をいいました。しかし時代の流れとともに、内祝いはお返しの意味で使われるようになっているようです。

はじめにも触れましたように、入学祝いのお返しについては、人や地域性により意見が異なる場合があります。また、頂いた方との間柄が近い祖父母や、血縁関係のない知り合いの方などでも変わってくる事が多いです。

迷う事が沢山ある、入学祝いのお返しマナーについて詳しくチェックしてみましょう。

入学祝いお返しのマナー

結婚式予算3

入学祝いは、子供への贈り物になります。収入がない子供へのお祝いになるので、一般的なマナーとしては、お返しは必要ないとされています。しかし、お返しは必要ないといっても絶対にしてはいけない。という事ではありません。

 

絶対がないから、すごく悩みました。沢山の方に聞きました。

子供からお礼電話は必ずさせよう!

入学祝いを頂いた際に必ず必要な事があります。それは、子供からのお礼の電話です。子供の声で「ありがとう」と感謝の気持ちを伝える事で、おじいちゃんやおばあちゃん達も嬉しい気持ちになってくれるはずです。

お返しをするしないかかわらず、お礼の電話は必ずしましょう!

 

内祝いとして簡単なギフトを贈る

お返しを贈る場合では、お世話になった方へ、祝い事があった報告として贈る「内祝い」として感謝の気持ちを伝えましょう。

内祝いを贈る際は、御礼状と簡単なギフトがおすすめです。

 

地域性があるなどお返しが必要な場合

しかし「いやいやそんな簡単な物ではないよ。」と、地域性により 出産祝いや結婚祝いと同じように「3分の1返し・半分返し」でお返しする方もおられます。ですから、まずは確認してみましょう。兄弟姉妹・ご両親・親戚の方はどうしたのか?などを一度確認してみるといいでしょう。

半分返しが当たり前の間柄なのに返しをせず、「常識の無い人ね!」なんて言われるのも嫌ですし。兄弟間や家族観で「入学祝いはいくらにしよう。」とか「内祝いはなしね!」という決まりを作っておく友達も多くいました。

あと、血縁の近くない方から頂いた場合(友達や知り合い)の場合は、「半分返し」にしました。理由は、その方が何かとスッキリするからです。

入学祝いお返しマナー

  • 一般的にはお返しは必要ない。
  • 地域性の違いで3分の1や半返しの場合がある。
  • 内祝いをする場合はお礼状と簡単なギフトを贈る

お返しをしない場合でもお礼は必要

  • どんな時場合でもお礼の電話は必ずしましょう。
  • 早く連絡するのが基本的なマナーです。
  • お子さんが電話に出てお礼を言うと喜ばれます。

子供には、「あなたの入学をお祝いしてくれているのよ。」という事をしっかり伝えました。ありがとうの気持ちをしっかり持ってもらい、お礼を言わせるようにしました。とても大切な事ですからね(*^-^*)

 

内祝いを贈ろうと決めたなら、相場や、どんなお返しが人気なのか?なども気になりますよね。チェックしておきましょう♪

 

Sponsored Links

 

お返し(内祝い)金額と品物

入学内祝いとして品物を贈る場合、いただいた金額の3分の1以下程度を目安にしましょう。あまり高い物をお返する必要はないようです。感謝の気持ちとして贈るので金額に決まりはありません。

入学内祝い相場

  • <入学祝いが1~3万円なら  3,000円~5 000円
  • 入学祝いが3~5万円なら  5 000円~10,000万円
  • 入学祝いが5万円~    10,000円~

気を遣わない程度の金額で菓子折りなど消費する物を贈るようにすればいいと思います。(*^-^*)

私は、親には内祝いはしませんでした。叔母達さんに3万円ずつ頂いた際、5000円程度(佃煮,はちみつなど)の入学内祝いを贈りました。5000円頂いた方からは半分程度のお菓子を入学祝いのお返しとして贈りました。

 

人気の入学祝いのお返し(内祝い)品物

  • お菓子
  • コーヒー
  • タオル
  • 佃煮
  • カタログギフト

人気が高いのはやはりスイーツでしょう。残る事もないし、美味しくて喜ばれます♪クッキーや焼き菓子の詰め合わせが人気。ヨックモックやアンリシャルパンティエは美味しくておすすめです(笑)ヨックモックのクッキー詰め合わせすごく喜ばれました。(笑)

美味しそうなスイーツを探すのも楽しかったりしますよね♪

あと、叔母さんには、お茶漬けなどさっと食べられる牛肉の佃煮を送りました。とても喜んでもらえましたよ♪また美味しいいコーヒーをお取り寄せしているなどお気に入りを知っている場合には、そういったギフトを贈るのもおすすめです♪

 

また、タオルも安生の人気です。以前内祝いで少し高級なタオルを頂いたのですが、普段は高級なタオルを買う事もないので嬉しかったです。5000円以上の品物を考えられているなら気に入ったものが貰えるカタログギフトもおすすめです。自分が欲しい物を選ぶ事ができるので喜ばれるでしょう。

なにはともあれ、相手の方の好みを考えながら品を選ぶ事をおすすめします。

 

 

最後に確認です!!!間違ってもNG品だけは内祝いとして選ばないようにして下さい。

 

贈ってはいけない入学祝いのお返し

  • 肌着
  • 腰から下に付ける物

肌着、また目上の人に腰から下に付ける物を贈るのはマナー違反とされていますから気を付けましょう。これだけは、しっかり覚えておきたいですね!靴下などもオシャレで考えがちですが、避けておきましょう。

 

最後に、入学内祝いの熨斗(のし)はどのようにするかご存じですか?恥をかかない為にも、一緒にチェックしておきましょう。

 

お返しののし(熨斗)

引っ越し挨拶のし

入学祝いの場合、のしはつけなくても構いません。しかし、お祝い感を出したい!など、熨斗(のし)を付けるのもOKです。私もお節目のお祝いとしてつけるようにしています。

のしを付ける場合、入学祝いは何度あっても嬉しいお祝いですから、水引はほどけてもよい紅白の蝶結び(ちょうむすび)のものを使います。お店などで入学内祝いの品を購入すると、紅白蝶結びの、内熨斗を付けてくれました。

のしの書き方

  • のし(熨斗)上の段
    ①内祝②入学内祝③祝御入学のいずれか
  • のし(熨斗)下の段
    お子様の名前(小学生は名前のみ可、中・高はフルネーム)

小学生のお子さんならフルネームでなく名前だけの事も多いようです。

お返しの品物のマナーについてはバッチリですね(*^-^*)では、最後に御礼状を贈る場合での例文を紹介してみました。参考にしてみて下さい。

 

入学祝い御礼状の例文

入学式のお返しのし2

入学祝い、お礼の手紙を書きましょう♪どんな事を書けばいいのでしょうか?私はとても悩みましたので例文をご紹介しておきますね。

例文

拝啓 桜の頃となり、○○様には、お元気でお過ごしのことと存じます。

このたびは、長男○○の入学に際し、お祝いをいただき、誠にありがとうございました。

心より御礼申し上げます。今後とも親子ともども、ご指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。

時節柄、ご自愛くださいませ。

まずは取り急ぎ、お礼申し上げます。

敬具

平成○年○月○日

少しかしこまり過ぎたでしょうか?

これを基本文としてご家族ごとにアレンジしてお手紙を書いてみて下さいね。時候のご挨拶と、お礼の言葉、今後ともよろしくお願いします。という気持ちを伝えるようにしましょう。

また、お子様にもお礼のお手紙を書いてもらって添えるもオススメです♪家の子も楽しんで書いていました。贈る方にも成長が伝わりますよ♪

 

 まとめ

最後に入学祝いを頂いた場合の、お返しの時期のタイミングですが、

  • 入学式以前にお祝いをいただいた場合→遅くても4月中に
  • 入学後にいただいた場合→1カ月以内

またお正月に親戚一同が集まるタイミングで、お祝いをいただく場合では入学式前にお返しをしてもマナー違反ではありませんので安心して下さいね。

またお祝いを頂いた方が近くにお住まいなら、入学式の帰りに成長した姿を見せにお邪魔するのもいいと思います。特におじいちゃん・おばあちゃんなら可愛い孫の顔が見られる事が一番うれしい事かもしれませんからね(*^_^*)

 

入学式!母親の服装のマナーを知りたい!

入学祝いを頂いたという事は入学式を控えていらっしゃいますよね?入学式のママの服装の記事も書いていますので、合わせてチェックして下さいね♪

Sponsored Links

 - 生活・暮らし

  関連記事&Sponsored Links