父の日由来3

2019年父の日のはいつ?由来や日本に広まった理由は?

母の日は定着していいますが、父の日は存在が薄い気がするのは私だけでしょうか?

毎年6月の第3日曜日は父の日です。

管理人bonkoも女性(中身おっさん)なので、父親を邪見にしがちです。でも実のところ大切で大好きな父であります。

私と同じように、なかなか感謝の気持ちを伝えるって恥ずかしい方もいらっしゃるはずです。

こういう時に便利なのが、お父さんに感謝の気持ちを表せる【父の日】ですよね。

そんな父の日2019年はいつなのか?また何故、父に感謝する思いが記念日になり制定されたのか?どうやって日本に広まったのか?

由来や理由を知る事で父親の大切さをさらに感じて頂ければと思います。

 

Sponsored Links

 

2019年父の日はいつ

父の日由来4

2019年の父の日は、6月16日の日曜日になります。毎年6月の第3日曜日に指定されていますね。

お休みの方が多い日曜日、父の喜びそうなプレゼントを一緒に見に行くという手もあります。

2019父の日はいつ

6月16日(日曜日)

存在の薄いイメージの父の日は、母の日が制定されてから58年も後に制定されました。

 

父の日の由来

父の日由来1

父の日はアメリカ発祥の記念日です。

1909年にアメリカ・ワシントン州のソノラ・スマート・ドッドという女性が教会に頼んで、父親に感謝を捧げる礼拝をしてもらったことがきっかけと言われています。

実はソノラが16歳の時に、母親が6人目の子供のお産で亡くなりました。

その後、男手ひとつで育ててくれた父親に感謝するため、教会の牧師さんに頼んで父親の誕生月の6月に礼拝をしてもらったのです。

父親1人で5人もの子どもを育てたなんて、その大変さは図りしれません。

ソノラは、5人子どもを父親一人で育てる姿を目の当たりにし、苦労した父親への感謝の思いが強かった事が伺えます。

父の日はどうやって制定されたのか

父の日由来4

1909年にソノラ・スマート・ドッドが父の日を提唱したには理由があります。

母の日はすでに、1908年ににアンナ・ジャービスというアメリカの女性が提唱していました。

母の日カーネーション4
母の日2019はいつ?カーネーションの意味は色に隠されている

母の日は、お母さんに感謝を伝える日です。身近な母にはいつも言いすぎてしまい、喧嘩もしますがとても感謝しています。 親孝行に最適な母の日!2019年の母の日はいつ?また、母の日の定番になっているカーネー ...

続きを見る

そこでソノラさんは、母を感謝をする日があるなら父を感謝をする日も作りましょう!
と牧師教会にお願いしたのです。

母に感謝するの日があるのに、父に育てられたソノラは、何故父に感謝の日がないのか?強く感じたのでしょう。

しかし、そう甘くはありませんでした。

父の日が制定されるまでの期間はとても願い年月が必要だったのです。

父の日が制定されるまでの流れ

1914年

5月の第2日曜日が母の日として制定され、国民の祝日になります。

1916年

アメリカ合衆国第28代大統領ウッドロー・ウィルソンが父の日の演説を行い、父の日が認知されはじめます。

1926年

ナショナル ファーザーズ・デイ コミッティがニューヨークで組織されました。

1966年

36代大統領リンドン・ジョンソンが父の日を称賛する大統領告示で6月の第3日曜日を父の日に定めます。

1972年

アメリカで正式に国の記念日に制定されました。

こうして、母の日の制定から58年後に遂に父の日が制定されたのです。

母の日が制定された1年後から提唱していのた父の日ですが、制定されるまでは長い年月が必要になりました。

ソノラさんに感謝ですね。

 

Sponsored Links

 

日本は広まったのはいつ?

さてアメリカ発祥の父の日が日本に伝わったのは、1950(昭和25)年頃です。

やはり、母の日ほど認知度は高くなかったようです。しかし、この状況を変え父の日を活性化させたい!

と動いたのがFDCと呼ばれている日本ファーザーズ・デイ委員会です。

父の日由来2

1981年に社団法人日本メンズファッション協会を母体として設立された『FDC』ですが、

元来FDCの目的は、父の日を国民的な社会行事に発展・定着させる事だったそうです。

そのために「父の日黄色いリボンキャンペーン」や「ベスト・ファーザー発表・授賞式」などの活動を行っています。ニュースや新聞でご覧になった方もいらっしゃるのではないでしょうか?

その活動が功を奏し!今では父の日は、父に感謝する日に定着したという事です。

 

父の日の花は?

父の日由来3

母の日のお花と言えばカーネーションです。が!実は父の日もシンボルになる花があるのをご存知ですか?

それは、あの美しい薔薇なのです♪

父の日を提唱したソノラ・スマート・ドッドが、父親のお墓に供えたのが白い薔薇だったのです。

その後、母の日のカーネーションと同じように父の日に贈るのは『赤の薔薇』亡くなった後は『白の薔薇』を贈るようになったそうです。

しかし日本では、FDC日本ファーザーズ・デイ委員会が広めた「父の日黄色いリボンキャンペーン」の為

父の日=黄色というイメージが定着しているようですね♡

 

まとめ

母の日があるから父の日もあると単純に考えていましたが、実際は2つの記念日には長い年月の差があったのですね。

では振り返ってまとめてみましょう。

まとめ

  • 2019年の父の日は6月16日(日)
  • 由来はアメリカのソノラ・スマート・ドッドという女性が父親に感謝を捧げる礼拝をしてもらったことがきっかけ
  • 日本に父の日が伝わったのは1950年頃
  • FDCが父の日を国民的な社会行事に発展・定着させた

母親と父親、両方に感謝する事はごく自然です。お父さんがいてお母さんがいて、私達がこの世に生まれたわけですから♡

ちょっと時間がかかりましたが私達は父親に感謝する日を与えてもらえたのです。

ねぇ。お父さん。

いつも感謝しています。ありがとうね。

『Thank you always,father!』 

黄色い薔薇のプレゼントも素敵ですね♡

何をしてもお父さんは気持ちだけで喜んでくれるのではないでしょうか?

お父さん
勤労感謝の日のプレゼントを手作り!子供とありがとうを込めて!

毎年11月23に日は『勤労感謝の日』ですね。(^^)/   意味をわかりやすく申しますと、『働いている人をねぎらい、また生産を祝って、国民を互いに感謝しあいましょう。』という意味が込められて ...

続きを見る

お父さんと言えば勤労感謝の日もその1つです。お子様とプレゼントを贈るのも素敵でしょう?^^


Sponsored Links

 

応援ポチっとお願いします♪(*´▽`*)

-季節のこと

Copyright© Bonko channel♪ , 2019 All Rights Reserved.