七五三お参りのマナー!初穂料の準備も忘れずに

11月15日は七五三です。お子様が3歳・5歳・7歳の時、神様に成長の感謝、将来の健康などを祈願する行事です。現在では、七五三は男の子と女の子で参拝の年齢が違い、女の子は3歳と7歳、男の子は3歳、5歳に行う事が一般的になっています。

家の娘が3歳の初七五三を迎える前は、わからない事だらけでした。(笑)

『七五三のマナーは?どういう段取りだっけ?』『どこの神社ですればいいの?』『初穂料?』などなど、慣れない事をするのは心配事も多いですよね。という事で、同じようにお困りのあなたに七五三のマナーなどについてまとめてみました♪

七五三お参りのマナー!初穂料の準備も忘れずに

 

Sponsored Links

 

七五三とお参りのマナー

七五三

子供の初七五三はとても楽しみですよね!可愛い着物姿にメロメロになると思います。しかし、色々な段取りをしないと迎える事のできないのが、七五三です。参りの方法や、お参りする神社の事などチェックしておかないといけません。

初めての七五三の時にまず悩んだのが、七五三を行う日にちでした。絶対に11月15日に行わないといけないのか?など経験した事を踏まえ順にご紹介しますね。

まずは私が一番気になった七五三のお参りの時期からチェックしてみましょう。

 

お参りの時期

明治改暦以前は11月の15日が七五三のお参りの日とされていました。しかし、改暦以後は新暦の11月15日とは決めず、10月~11月位のご家族が都合の良い日に祈願をするのが現在の一般的な形となっているようです。

という事で家は、家族の都合がつく11月の初旬の日曜日に七五三を行いました。

七五三の日程は?

10月~11月位の家族の都合が良い日でOK

 

 お参りは氏神様の神社で

035497

氏神様と言う言葉をご存知ですか?実は私、結婚するまでよく知りませんでした。わかりやすく言うと氏神様とは、住んでいる土地を護って(まもって)頂いている神様の事です。

お家近くの神社、氏神様に参拝し居住地での感謝の気持ちを伝え、後々の安泰をお祈りするという意味もありますので、氏神様に参拝するのが望ましいと言われているのです。

また、お家から近ければ、移動距離などお子様に与えるストレスも少なくする事ができますよね(^^)/。家は徒歩3分の神社にお世話になっています。

七五三参拝の神社は?

七五三は一般的には自分が住んでいる土地の『氏神様』へお参りを行う事がしきたりとされています。

さぁ(^^)/お参りの時期と、神社が決まりました。次は、初穂料が幾ら必要なのかを確認しておく必要があります。

 

七五三お参りと初穂料

七五三のお参りの際には初穂料が必要になります。初穂料とは、神様に奉納するお金の事をいいます。

「初穂料」「玉くし料」などの呼び名があり、必要な神社が一般的でしょう。神社により金額の相違がありますので、七五三の予約時に確認するようにしましょう。(神社により金額が決まっている場合が多い。)

初穂料はいくら?

金額は一般的には5000円から10000円位が一般的です。

 

初穂料は受け付けの際に支払います。bonko家の神社では初穂料は7000円でした。

 

Sponsored Links

 

初穂料金額の確認をすればのし袋に入れて支払いましょう。という事で初穂料を入れるのし袋についてチェックしていきましょう。

 

初穂料とのし袋

七五三の受付時に初穂料を支払います。その際、初穂料は白赤の蝶結びの熨斗袋または、白封筒の中に納めます。またのし袋や封筒の表書きは、初穂料、御玉串料などを記入します。

また下段には、子どもの名前を記入します。

  • 表書きは『御初穂料』『御玉串料』などを書く
  • 表書きの下段には祈祷を受ける子どもの名前をフルネームで書きます。

さぁ。これで気持ちよく七五三を迎える事ができると思います。私は初穂料の封筒を出す際に、間違っていないか?などと緊張しました。(笑)新しく学ぶマナーは大丈夫かな?などと不安になってしまいますよね(笑)

 

あとね、七五三を行う年齢で悩んだ事はないでしょうか?私のまわりはここでバラツキがありました。七五三の年齢にお参りする事は知っているけれど、満年齢なのか数え年齢なのか?疑問に思われている方が多いと思いますので少しチェックしてみました。

 

七五三は満年齢?数えの年?

七五三のお参りをする年齢は数え年、満年齢どちらでお祝いをすればいいのか?これ私もどうなんだろう?と相当迷ってしまいました。周りのお友達もバラツキがありました。

七五三、昔は数え年でお祝いが行われていたそうです。しかし、現在は地域などで違いはあるようなのですが、一般的には満年齢でお祝いをする事が多くなっているようです。家も相談の結果、満年齢で七五三のお参りをしています。

七五三の年齢

  • 女の子の場合では 満三歳、満七歳
  • 男の子の場合では 満三歳、満五歳

あとね、年齢によって、それぞれのしきたりには意味があるのですって!頭の片隅にでも覚えていて下さい。(笑)

七五三年齢ごとの意味

  • 3歳 男の子、女の子も髪を伸ばし始める『髪置き(かみおき)』
  • 5歳 男の子の衣服の袴を着る 『袴着(はかまぎ)』
  • 7歳 女の子の着物帯の装うはじめ 『帯解(おびとき)』

家は、3歳の髪置きが終わり、今年は帯解の7歳の七五三を迎えます。もう4年が経ったの?早いなぁ。

 

まとめ

最後に、七五三について気になりそうな事をQ&Aでまとめてみましたので是非チェックしてみて下さい。

七五三Q&A

・兄弟の七五三って一緒にできる? ⇒ 一緒に七五三のお祝いをしてあげる事もできます。
・装いは和装って決まっているの? ⇒ 一般的には洋装でも和装でもかまいせん。

 

実は、五歳の男の子については着物に羽織・袴が正式な装いになりますが特別にこだわる事もないようです。お子様の成長を祈願し、家族で祝ってあげましょう(●´ω`●)艶やかな子どもを見ると目がほころびます。何故あんなに可愛いのでしょうか?

着物を着せてもらい緊張する姿もなんとも言えません。素敵にしてもらって照れる姿も最高です。親にも子にも思い出となる七五三、とても楽しみですね♪

鯉のぼりを出す時期としまう時期!良い状態で保存しよう
お雛様とお内裏様の位置と意味!その呼び方間違っているかも?

 

子どもの日は鯉のぼり!出す時期としまう時期ご存じですか?また、女の子が大好きなひな祭り♪しかしお雛様を飾る時お内裏様の位置間違っていませんか?チェックで増える豆知識もあると思いますのでよければ遊びに来てくださいね☆


Sponsored Links

 - 年中行事

  関連記事&Sponsored Links