Bonko Channel♪

子供にハゲがある!考えられる原因と治療法

   

仲のいいお友達と話していると、「子供にハゲができてて、今度手術するねん。」との言葉。頭を見せもらったら少し赤みがかった1㎝~2㎝程の小さなハゲでした。「えっ?こんな小さなハゲで?」と思ったのが正直な印象でした。

 

そして家に帰ってふと4歳娘の頭を見ていると、頭頂部付近に同じく1cm程の楕円のハゲを発見してしまいました!それから数日ハゲを観察していたのですが、お友達から病院で言われたと聞いていたので娘も病院で早速診察してもらう事にしました。

子供

結果、お友達息子君のハゲと家の娘のハゲは、原因が違いハゲにも種類がある事が分かりました。という事で子供ちゃんにハゲが見つかって悩んでいるママに知ってもらいたくて、今回ハゲの原因と治療法などを経験を交えながらシェアさせて頂きたいと思います。

 

Sponsored Links

 

子供とハゲ

子供のハゲって以外に多いみたいですね。私はお友達に聞くまでハゲなんて気にもしませんでした。毎日髪の毛を結ったり、編んだりブラシをしているのに何故気づかなかったのだろう?と思う位でした。

 

ハゲを発見してからは、もうソコにしか目がいきません。私が気になったのは「いつから出来ていたか?」です。旦那さんに聞くと少し「前からあったかも?」私は「小さい時はなかったよね…。」どちらも曖昧でした。

 

色々調べてみるとハゲの原因にはこの2つが考えらる事がわかりました。

  • 円形脱毛症
  • 脂腺母斑

円形脱毛症と脂腺母斑とはなんなのか?詳しくご紹介していきたいと思います。

 

子供と円形脱毛症

子供を皮膚科に連れて行くと、頭のハゲを虫眼鏡のようなものでじーっと観察。すると円形脱毛症ですねとの診断。薬をさっと塗りつけ、「これを塗ると回復していくでしょう。」との事で診察が終わりました。子供の場合は単発型の脱毛症でした。

 

脱毛症は単発型以外にも、多発型(頭複数)・全頭型(頭全部)・汎発型(ばんぱつ)(体毛にまで及ぶ)などの種類があります。

 

なんで娘は円形脱毛症になったのか?その原因は以下のようなものがありました。

円形脱毛症の原因

子供

4歳児が円形脱毛症になる事にびっくりしたのですが、約25%は15歳以下の方が発症されているそうです。

 

円形脱毛症は、自身の正常な細胞を悪者!として攻撃してしまう自己免疫疾患が作用します。それが毛根細胞に損傷を与える為に脱毛します。遺伝やストレスが原因と言われています。

 

遺伝

血の繋がっている方がアレルギー体質であったり、脱毛症になっていたるすると遺伝で発症する可能性があります。私そういえば知らぬ間に高校の時1円ハゲなったな…。

 

ストレス

多くの大人が抱えるストレス。それは子供も抱えています。娘は元気で何にも動じない風に見えてもとても繊細なんですよね…。

 

実は円形脱毛症に気づく前に夫婦喧嘩をしました。その時娘が泣いていて…。本当にごめんね。それが大きなストレスだったのかな?と考えていてとても反省しています。子供の精神状態をしっかり把握してあげる事も大切だと考えさせられました。

 

Sponsored Links

 

円形脱毛症の治療法

円形脱毛症薬

単発型や2~3個の複数型なら自然に治る事もあるようです。娘の円形脱毛症に処方された薬は、アンテベートローション0.05%でした。これは外用性副腎皮質ホルモンと記載されています。

  • アンテベートローション0.05%

1日3回で1週間程塗込み様子を見るとすぐ髪が少し生えてきて1ヵ月程で気にならないまでに治癒しました。

 

進行した円形脱毛症の治療では

  • ホルモンの薬や注射
  • 局所免疫療法
  • 補助療法としてPUVA療法・レーザー療法なども行われています。

円形脱毛症にも色々種類があったのですね…私も円形脱毛症は経験した事があったのですが、数か月隠していると自然となくなっていましたが、どんどん進行する場合もあります。気になる場合はすぐに受診するようにしましょう。

 

では次に、もう1つのハゲの原因となる脂腺母斑についてご紹介したいと思います。

子供と脂腺母斑

髪の毛

脂腺母斑(しせんぼはん)は聞きなれない言葉だと思いますが、生まれつき又は幼児期から発症する黄色調のあざ(母斑)の事をいいます。症状は1期~3期に分類されます。頭部に発生するとざらざらとした脱毛班となります。

 

幼少期は小さいな班ですが、脂腺が発達する思春期と共に褐色になり大きくなっていきます。それは盛り上がり母斑が変化すると、腫瘍(30歳頃~35歳頃)になる可能性があります。大部分は良性ですが、稀に悪性になる場合があるので(約20%)注意が必要です。

脂腺母斑のハゲはどんなもの?

  • 脱毛部分がザラザラしている
  • 脱毛部分が黄色調である

脂腺母斑の原因

皮脂は全身の脂腺から分泌されます。 その脂腺が異常に増えた事による症状ですが、脂腺母斑が発症する原因はまだきちんと解明されていないようです。

顔と頭皮は脂腺が多い場所なので、脂腺母斑の多くは頭と顔に発症すると言わています。

 

では脂腺母斑はどうやって治療されるのでしょうか?

脂腺母斑の治療法

脂腺母斑の治療は基本的には外科手術になります。脂腺母斑の部分をレーザーやメスなどで切除します。また麻酔を必要としますが、幼少期の場合は全身麻酔、大人になると局所麻酔で行われる事が多いようです。

 

手術時間は差はありますが1時間程で終わるようです。お友達の子供は脂腺母斑で手術をする事になったのですが、翌日にはとても元気で、これまた翌日にはもうシャンプーもOKだったよ。と言っていました。

 

脂腺母斑で手術が必要の場合、子供ちゃんの年齢やリスクなどを考え、いつ手術をするのか?という事をしっかり先生と相談するといいと思います。でもね色々聞くと今の医学って本当に凄いんだな。と改めて感じました。

 

まとめ

知識が無い事はなんて事なんだ!と改めて考えさせられました。子供が脱毛症になる事があるなんて考えもしなかったのです。今回はお友達から話を聞いて子供のハゲに気づく事ができました。

 

円形脱毛症はストレスが関与する事も多いと知り、やはりストレスというのはどこかで発散する事が大切なのだな。
ママももちろんです!(ママはココアでのストレス解消もオススメです♪)ココアの効果効能!美肌に冷え性改善まで驚きの10選!
子供には楽しめる事を見つけて発散させてあげたいな。と思いました。

 

そしてハゲのもう1つの原因になる脂腺母斑は早く気付いてあげるべきあざですので、もしかして?と感じた方、心配な場合は皮膚科などを受診してみて下さいね。


Sponsored Links

 - 子育て

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事