Bonko Channel♪

妊娠中の風邪で咳!胎児への影響は?

   

ふだん風邪をひかない人でもなんと妊娠中は風邪をひきやすくなってしまいます。( ゚Д゚)ハックション!コホン!コホン!

 

妊娠中のクシャミや咳は、お腹に力が入ってしまいますし、ドキドキしちゃいますよね。

 

Sponsored Links

 

ママ自身が辛いのはもちろんですが、おなかの赤ちゃんのことがとても心配ですよね。。特に咳がひどかったり、続いていたり、熱が出たりすると、赤ちゃんへの影響はどうなのか不安になってしまいます。

 

赤ちゃんの様子をすぐに見れればいいのですが、そういう訳にもいかず。。という事で今回は、妊婦さんのとっても気になる所である妊娠中の風邪や咳についてまとめてみました☆

 

妊娠中の風邪は長引きやすい

妊娠中風邪で咳

妊娠中の身体は免疫力が低下してしまいます。それは、免疫力が強いままだと、ママの体がおなかの赤ちゃんを異物として認識してしまう可能性があるからです。

 

赤ちゃんはママのお腹の中にいても、遺伝子の半分はパパからのもの。ママとまったく同じではないです。

 

その状態でママの免疫力が強いままだと、赤ちゃんを異物として排除しようとし、流産や早産につながる事もあるのです。その為に妊娠している時は、免疫力が低下するような仕組みになっているのです。

 

その結果、赤ちゃんはママのお腹の中で落ち着いていられるわけですが、軽い風邪などでもなかなか治らず長引いてしまいがちになってしまうという訳なのです。

 

では、妊娠中の風邪はどうすればいいのでしょうか?

 

妊娠中の風邪や咳などの胎児への影響は?

妊娠中風邪で咳2

では代表的な風邪の症状と赤ちゃんへの影響についてまとめてみます。風邪のママは自分にあてはまる症状をcheckしてみて下さいね。

発熱

40度以上の高い熱が2~3日も続くものでなければ、赤ちゃんへの影響は低いと考えられています。しかしママの体温が上がれば羊水の温度も上がりますので、赤ちゃんの心拍数も上がってしまいます。

 

できるだけ早く熱を下げるように対処しましょう。

 

咳をすると、『うっ』と、お腹に力が入ります。( ゚Д゚)少々の咳なら心配ありませんが、『妊娠咳』という症状もあります。

 

あまりに咳がずっと続くような場合には、お腹が張りやすくなってしまい、早産につながってしまう事もありますのでそのような場合はお医者さんに相談する方が安心です。

 

下痢

少し位の下痢であれば、赤ちゃんへの影響は心配しなくても大丈夫です☆こまめに水分を摂りながら様子をみましょう。
ですが、水のような下痢が続く場合は要注意です。

 

腸の動きが子宮を刺激し、お腹が張りを感じることも。ひどくなると早産へつながることもあります。この場合もお医者さんに相談してくださいね。

 

 

咳・風邪の時の対処法は?

妊娠中風邪で咳3

それほどひどくはないけれど、風邪をひいてしまって咳が・・・。そんな時に自分でできる咳を和らげる対処法をご紹介してみたいと思います♪

咳を和らげる対処法

・こまめにうがいして喉の乾燥を防ぎましょう。
・加湿器を使用しましょう。
・マスクも喉の乾燥防止に効果があります。
・温かい生姜湯を飲むのもオススメ。
・のど飴をこまめになめる。

 

このような方法で呼吸を少しでも楽にして、栄養をしっかり摂り、暖かくして過ごしましょう。たっぷり睡眠をとることも回復への近道になります☆

 

Sponsored Links

 

咳などが長引く時には?

マスク

風邪の症状が2~3日経っても良くならない、38度を超える熱が出た場合には、お医者さんに相談するといいでしょう。

 

お腹の赤ちゃんの為にも、身体を大切にしてあげましょう♡近所の内科でいいの?それともかかりつけの産婦人科を受診するか、迷う方も多いと思います。

 

オススメしたいのは、まず現在かかっている産婦人科のお医者さんに相談する事です。赤ちゃんや、ママの身体の様子を把握してくれているので安心ができます。

 

産婦人科は混んでいて大変だと思われますが。あまりに咳がひどい場合などは、赤ちゃんの事も心配ですものね。
頑張って受診する事もいいと思います(=゚ω゚)ノ

 

いずれの病院を受診する場合でも、マスクは必須アイテムです☆抵抗力が低くなっている時期なので、対策はしっかりしておく事をオススメします。(*^-^*)他の方にうつす事もさけられますしね☆

 

まとめ

妊娠中風邪で咳5

妊娠中はママが赤ちゃんを守るために抵抗力が弱るので風邪などをひきやすい状態になる事がおわかり頂けたと思います。

 

風邪や咳がひどくならないように、ひきはじめからすぐに対処できるように心がけたいですね☆そしてポケットには「あめちゃん」を忍ばせておくといいかもです♪

 

風邪をひいてしまう前に、予防も心がけたいですね♡

 

日頃からしっかり睡眠をとり、身体を冷やさないように。それとできるだけ人ごみを避け、お出かけ時はマスクをする習慣をつけましょう。うがい・手洗いもしっかりしてくださいね♪

 

おなかの中には赤ちゃんが日々成長しています。
もう一人の身体ではありません♡健康な妊娠期間を過ごしてくださいね(*^_^*)


Sponsored Links

 - ヘルスケア

  関連トピックス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

りんご効果効能2
りんごの効果効能!知って得するりんごで医者いらずの意味

甘酸っぱい赤がcuteなりんごですが、「りんごを1日1個で医者いらず」って言葉聞 …

お茶
妊娠中の飲み物!ノンカフェイン7選

妊娠中は、やたらと喉が渇いてしまいますよね。でも妊娠中の飲み物って、ふだん飲んで …

足組む癖
足を組む癖は直す方がいいにきまってる?体に良くない理由は?

ふと気が付くと足を組んでいる。そんな癖や経験はありませんか?私はおもいっきり、足 …

猫背3
猫背の治し方!ストレッチで簡単スッキリ!

本を読む時、パソコンを見る時、お茶を飲むとき・・・ふと気が付くと、背中が丸くなっ …

オイルプリング3
ココナッツオイルうがいの効果!秘密はデトックスにあり!?

突然ですが…。ココナッツオイルでうがいをしませんか?   ダイエットや …

ストレートネック治し方
ストレートネックの治し方は?テニスボールやタオルで改善!?

肩こりがひどい、腕がしびれて困る・・・そんな症状はありませんか?薬を飲んだり、貼 …

ジューズクレンズ
ジュースクレンズの効果!体の中のデトックスに最適

今とても注目されているジュースクレンズ♪ ハリウッドセレブや日本の芸能人・モデル …