Bonko Channel♪

お彼岸におはぎやぼた餅をお供えする理由や違いは?

   

和菓子屋さんの店先に「おはぎ」「ぼた餅」の文字が目につくようになるお彼岸。お彼岸にはお仏壇にお供えして家族そろってお墓参りに行きます。

 

ですがなぜお彼岸におはぎやぼた餅をお供えするようになったのでしょうか?違いはなんなのでしょうか?

 

折角ならばしっかり知ってご供養をしたいですものね。今回はお彼岸とおはぎ・ぼた餅の関係についてまとめてみました。

 

Sponsored Links

 

おはぎやぼた餅をお供えする理由

 

彼岸におはぎやぼた餅をお供えするようになった理由なのですが、もともとはおはぎやぼた餅、もち米と小豆を炊いたもので作られていたのです。

 

小豆には意味が込められており小豆(あずき)の赤色には魔除けの力があると信じられていました

 

邪気を払う食べ物として先祖の供養の際にお供えしたのがはじまりで、次第にお彼岸や四十九日の忌明けに食べる風習が定着したようです。

 

お彼岸おはぎぼたもち

ちなみに、江戸時代まではお砂糖は高級品だったのですよ。なので現在のように甘いおはぎやぼた餅になったのは明治以降のことらしいです。

 

おはおぎとぼた餅お供えの時期が違う?

お彼岸おはぎぼたもち2

おはぎとぼた餅基本的には同じ食べ物なのです。(´・ω・`)じゃぁ。何が違うのかというとそれはお供えする時期になります。

 

おはぎ=お萩、ぼた餅=牡丹餅なのです。

 

■違いは?■

牡丹の季節
春のお彼岸にお供えするのがぼた餅
餡は(こしあん)

萩の季節
秋のお彼岸にお供えするのがおはぎ
餡は(粒あん)なのです♡

 

ぼた餅は牡丹の花をかたどって丸く大きく、
おはぎは萩の花をかたどって小ぶりで長めに作られたそうですよ。(●´ω`●)

 

餡の違いもありますがこれはあんこの材料の小豆の収穫時期に関係があったといわれています。

 

秋のお彼岸は、小豆の収穫期に近くとれたての柔らかい小豆で餡が作られます。皮も柔らかいのでそのまま煮て粒あんに♡

 

春のお彼岸は、冬を越した小豆を使います。収穫から時間が経っているので皮は固くなっています(^_^;)皮を取り除くのでこしあんになるという事なのです。

 

Sponsored Links

 

お彼岸の由来

お彼岸おはぎぼたもち2

仏教はインドから広まり色々な風習があります。その仏教が伝わった国々の中でお彼岸は日本だけの風習なのです。

 

お彼岸の由来ですが、『彼岸』はサンスクリッド語
「paramita(波羅蜜多)」を漢訳した「到彼岸」をさらに略した意味だそうです。

 

煩悩に苦しむこの世、此岸(しがん)から修行によって到達する悟りの境地が彼岸とされおり、そのことから浄土思想と結びつき

 

彼岸=極楽浄土であると考えられ彼岸(極楽浄土)は西の遥か彼方にあると考えられていました。

 

春分と秋分には太陽が真東から昇り真西に沈みますよね。その日に沈む太陽を拝み極楽浄土に生まれ変わることを願ったのが始まりだそうですよ。

 

 

お彼岸にお墓参りの意味

 

お彼岸にはお墓参りという風習がありますよね。でも、なぜお彼岸にお墓参りをするのか不思議に思ったことはありませんか?

お彼岸おはぎぼたもち4

お彼岸の由来のでも少しお話ししましたが、お彼岸は極楽浄土のある岸辺。それは西方にあり修行を積んでたどり着く「あの世」と考えられていました。

 

春分の日と秋分の日には太陽が真東から昇り、真西に沈みます。

 

昼と夜の長さが同じになりますね。

 

その事からこの特別な日にはあの世とこの世が一番近くなる日と考えられていたのです。ですから亡くなった方への想いも届きやすいと考え、ご先祖様の供養のためお墓参りをするようになったのです。

 

まとめ

お彼岸おはぎぼたもち5

いかがでしたか?年中行事として定着しているお彼岸にはおはぎとぼた餅の違いの意味には、深い由来があったのですね。時代が変わっても、ご先祖さまを大切にする気持ちは同じです(*^_^*)

 

季節の移り変わりを感じながら、おはぎ等をお供えしてお墓参りに行ってみるのもいいのではないでしょうか?


Sponsored Links

 - 年中行事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事