Bonko Channel♪

体が乾燥してかゆみが出る!どうやったら防げるの?

   

夏は湿気が多くてまだマシなんですが、秋を迎えるころから乾燥して肌がかゆーくなってきませんか?
服をめくって体をぽりぽりかきだすとかゆみが増してもうとまりませんよね…。

 

鏡でかゆい所を見ているとかいた後がミミズばれになる事もしばしば。かくと悪循環なのはわかっているのですが、こういう時ってかゆくて仕方ないんですよね!

原因と予防法を知って乾燥かゆみを徹底的に防ぎましょう!

まずは何故乾燥するとかゆくなるのか?原因からチェックしていきましょう。

 

Sponsored Links

 

原因を知る事が予防の一歩

枯葉

夏は体が汗でべたついていや!蚊にかまれてかゆい!という経験はあると思います(汗)しかし秋ごろから始まる乾燥かゆみの原因は角質層がゆるむ事です。

健康なお肌は『皮脂』『水分』などの保湿成分が角質層を潤して逃さないようにお肌をバリアしているのですが、肌の乾燥がはじまると『角質層』がゆるむ事で上記の保湿成分が出ていってしまうのです。

 

顔や体を洗浄した後は、乾燥でかさつき過敏な状態を起こしやすくなってしまうのです。過敏になると、肌が荒れやすくなり『かゆーい』と感じる神経が表皮の近くまでやってきて『かきたい×かゆーい!』という感情がどんどん押し寄せてくるという結果に。

 

でもそこで絶対に『かかないで!!!』かきすぎると『炎症』や『湿疹』になってしまう場合も…。

かゆみの原因の物質が『かゆーい』という気持ちをさらに増強させてしまいまいます。きっとみなさんも経験ありますよね(涙)つまりもっとかゆくなるので『かゆくても我慢』する事が重要なんです!頑張って『耐えましょう』( ;∀;)

 

かゆくなる状況をもしかして自分で作っていませんか?乾燥の原因を自分から作っている場合もあるんです

乾燥する原因を防ごう

339e5a306be6d17b14340eac0bfe4076_s

かゆみ原因の大きな要因である『乾燥』は、季節や加齢などが原因でおこる事が一般的と言われています。そこはどうしても仕方がないものですよね…冬は来るし、歳はとるし…(認めたくないですが…(笑))

しかしです!知らずに自身が行っている生活習慣で乾燥を招いている場合があるので注意して下さいね!
どんな生活習慣が乾燥の原因になるのか是非チェックしてみて下さい。

 

洗浄力が高いもの使ってない?

私はボディーソープなどで体を洗うと乾燥しやすいんです。これきちんと理由があってボディーソープは沢山泡立つ分洗浄力が高いみたい。

清潔にしようと泡泡もこもこでしっかり洗う事はお肌の乾燥を『ますます進行させる事も…』

洗浄力が高い物で体や顔を洗うのは『乾燥の原因』になりますので注意しましょう。

 

またお顔に『オイルクレンジング』を使っている方も洗浄力が高いのでご注意を。
もし使っている方で乾燥がひどくなったという方は控えてみるのもいいかもしれませんね。私は皮膚科で注意されましたよ。

 

Sponsored Links

 

 ゴシゴシ洗いしてない?

体や顔を洗う時に『ゴシゴシ』と力を入れて洗っていませんか?
『ゴシゴシ』洗いはお肌を傷める原因になります。 角質がはがれると保湿成分が流れ乾燥を招いてしまうのです。

 

そうすると肌の『バリア機能』が下がってしまい、お肌の表皮が過敏になり刺激を受けやすくなってしまうのです。かゆくなる原因を招いてしまうのでご注意を( ;∀;)

 

睡眠時間は大丈夫?

安眠

睡眠不足はお肌の角質層の健康を保つ『ターンオーバー』が乱れる原因になるのです(/・ω・)/
ターンオーバーが乱れると角質層の保湿成分の生成量が減ってしまって乾燥を招いてしまいます。

 

お洋服がかゆみの原因に?

寒い冬に大活躍の『ニット』ですが、ウールや目の粗いお洋服はちくちくしますよね…(/・ω・)/

そんな経験はありませんか?

そいういったお洋服はお肌と摩擦が起こりやすいのです。それが『刺激』になり、かゆみの原因になる場合があるのです!乾燥が気になる場合は少し気をつけてみましょう♪

 

かゆみを防ぐには乾燥を防ぐ事に気をつけて!!!
では次にかゆみを防ぐ対策をご紹介したいと思います♪

 

かゆみを防ぐ対策は?

石鹸

乾燥かゆみを防ぐ対策としては乾燥の原因になる事をしない事、皮膚に刺激を与えない事が大切です。早速かゆみを防ぐ為の対策方法をご紹介していきますね♪

洗う温度に気を付ける

食器を洗ったりする場合にお湯で洗うとすぐに荒れてかゆくなりませんか?私はすぐにガサガサになってしまいます。
30度以上のお湯で洗うと、皮膚から皮脂が溶け出すと言われています。

なのでお湯を使う際の温度は30度以下にするように心がけたいですね!

 

洗い方が大事

体はゴシゴシ洗わないで!ビニールのザラザラ素材のものより、タオルなどで優しく洗いましょう。

お肌の乾燥がひどい場合は『手』を使うといいでしょう。さっと優しく洗ってなるべく皮脂などを落とさないようにするのがポイントです。

あまりに乾燥がひどい場合は『石鹸は背中などの油分の多い場所のみ』で他はお湯だけで洗うと乾燥を押さえる事ができます。

 

保湿剤クリームを活用

保湿

お風呂あがりは『すぐに!』スキンケアを行いましょう♪ちなみに私はお風呂の最後に肌が濡れた状態でクリームを塗り保湿をしております。

オススメは『クリームかオイル』です。
オイル美容の記事も書いています♪オイルもオススメですよオイル美容とは?効果や使い方を知ってうるつや肌に!

 

オイル分が含まれていますので保湿力が高く乾燥を防ぎ皮膚を保護してくれます♡

  •  肌を保湿・保護する事で荒れた肌を鎮静させかゆみを防ぎます。

まとめ

乾燥からくるかゆみは、肌の角質層がゆるむ事。季節や年齢などの原因を取り除く事は難しいですが、生活環境から招く乾燥などは自分で気を付ける事ができます♪

あとはたっぷりの保湿で皮膚を保護してあげましょうね♪

クリームは、肌に伸ばしながらリンパをながすよう『マッサージ』しながらぬると、血流もよくなり『一石二鳥』の効果がありますよ♪毎日保湿を行う事で乾燥かゆみを防ぎましょう(*^-^*)


Sponsored Links

 - 美容

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ココナッツオイル髪
ココナッツオイル髪の使い方!ヘアパックで健康な頭皮へ
日焼け止め
紫外線吸剤の成分とは?肌負担が低い紫外線散乱剤との違い
オススメ使い方
女性のスカルプシャンプーの効果ってどう?注意点は?
日差し
日焼け止め量の目安!間違ったままではシミができる?
オイル美容
オイル美容とは?効果や使い方を知ってうるつや肌に!
肌にも優しいいココナッツオイル
ココナッツオイルの肌効果を見逃さないで!肌荒れ予防しちゃう?
日焼け止め
日焼け止めってどのタイプがオススメなの!?
オリーブオイル
オリーブオイルクレンジングの方法!しっとり美肌をゲット
太眉作り方
太眉メイクの作り方!ナチュラルな愛され顔になるには?
肌
肌フローラを整える洗顔方法!善玉菌が美肌のカギ